日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【MLB情報】シカゴ・カブス地区優勝!&前田健太15勝目!

MLB

【MLB情報】シカゴ・カブス地区優勝!&前田健太15勝目!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

【シカゴ・カブス】2008年以来のナ・リーグ中地区制覇!

カブス優勝

地元で黒星もライバル、カージナルスが敗れて決定!

ナ・リーグ中地区優勝へのマジックを1としていたシカゴ・カブスは、地元でミルウォーキー・ブリュワーズと対戦。

4対5で敗戦したものの、同地区2位セントルイス・カージナルスが敗れたため、2008年以来の地区優勝が決まった。

勝って地元での優勝を決めたかったカブス。

しかし、本拠地リグリー・フィールドに集まった4万1,362人のファンは、左翼のビデオボードにカージナルスがサンフランシスコ・ジャイアンツに先制を許すシーンが映し出されると、大喝さいを送るなど盛り上がった。

ただし目の前の試合は、同点の7回に2番手ジャスティン・グリム投手がつかまって2点ビハインドに。

8回にジェーソン・ヘイワード外野手の適時二塁打で1点差としたが、反撃もそこまでだった。

カブスのジョー・マッドン監督は、優勝が確定する前に「これは最初の一歩にすぎない」とコメント。

「我々にはさらに大きな試合が残っているからね」と気を引き締めていた。

ついにヤギの呪いが解かれる日がやってくるのか?

ヤギの呪いとは?

地区V一番乗りのカブス 名将マッドン監督が意図した選手起用法

ベテランも認めるチームのまとまり

今季のカブスは開幕から独走態勢を築き、一時は2001年にシアトル・マリナーズ、1906年のカブスが達成したメジャー最多勝利数116勝に迫る勢いも見せた。それでも7月に12勝14敗と負け越すなど陰りを見せたりもしたが、8月は再び22勝6敗と巻き返し、前半の貯金もありナ・リーグ中地区で危なげなく逃げ切った。

 データを基に強さの理由を考察すれば、4投手(ジェーク・アリエッタ、ジョン・レスター、ジェーソン・ハメル、カイル・ヘンドリックスの各投手)が2桁勝利を挙げ、チーム防御率はリーグ1位を誇る圧倒的な投手力の他、チーム打率こそ2割5分台と決して高くはないものの得点数は堂々のリーグ2位の爆発力を誇る打線と、投打ともに穴のないチーム力が光った。

 だが個人的には感じていたのは、データだけでは推し量れないチームの和、団結力の素晴らしさだった。シーズン開幕直後から連戦連勝が続くチームについて、今季から加入したベン・ゾブリスト選手が以下のように説明してくれたがことがあった。

「もちろん試合に勝てばチームの雰囲気は良くなるものだ。だがキャンプから感じていたことだが、ここまで皆が仲良く、雰囲気の良いチームは今まで所属したチーム以上だよ」
 ゾブリストといえば、昨年はロイヤルズに在籍しワールドシリーズ制覇を経験し、さらに長年在籍したレイズでも何度もプレーオフに出場するなど、強豪チームでプレーしてきた選手だ。そんなゾブリストからしても、今シーズンのカブスのまとまりは格別だったのだ。
破天荒?なマッドンスタイル

 選手が気分良くプレーできる環境を整えたのが、今や名将の呼び声がすっかり定着したジョー・マッドン監督だった。その破天荒な人心掌握術はキャンプから存分に発揮されていた。

 練習前には数々のイベントを仕掛け選手を盛り上げたり、自らデザインしたTシャツを何枚も配布しユニホームを使用せずに練習させたり、キャンプ施設は常に笑顔に包まれていた。川崎宗則選手がカラオケを披露し皆で大合唱した動画が話題を集めたのも、そんなイベントの一つだった。

 シーズンに入ってもマッドン流は留まるところを知らなかった。これまでメジャーのチームが遠征する際、服装はスーツを着用するものだが、カブスの場合はカジュアルが普通で、また時によりマッドン監督の発案で統一テーマに合わせた派手な特注スーツや特性ジャージーに皆で身を包み、何度も話題を集めたりもした。

 とにかく人生を謳歌(おうか)したいというマッドン監督のライフスタイルが完全にチーム全員に浸透し、その一体感はゾブリストが指摘する通り、他チームではお目にかかれないものだった。これが土台にあったからこそ、好成績にも繋がった部分も相当にあったはずだ。

出典 http://sports.yahoo.co.jp

【ムネリン】川﨑宗則 今季初先発 しっかり良い仕事する

マエケン15勝目 5回1失点 松坂、ダルに続いた

マエケン

出典 http://full-count.jp

ロサンゼルス・ドジャース、前田健太投手が15勝目を挙げた。

中4日で5回、94球を投げ3安打1失点に抑え6三振を奪った。

投げ合った相手は、サイヤング賞投手で、昨年までドジャースに在籍していたザック・グリンキー。

前田は言わば、グリンキーの穴を埋めるべくドジャースが獲得した人材だ。

しかし、蓋を開けてみれば、そのグリンキーを大きく上回る成績をここまでおさめてきた。

さて、前田は、2回にやや制球を乱し1点を失ったがそれ以外は危なげなく無失点に抑えた。

前回登板までに159回を投げており、これで規定投球回(162回)をクリアした。
 
メジャー1年目に15勝以上を挙げたのは松坂大輔(15勝)ダルビッシュ有(16勝)に続き3人目。

ここからどこまで勝利数を伸ばせるか。

そしてポストシーズンでの活躍も今後注目される!

マエケン動画

【悲報ww】前田健太「カープで優勝したかった。ビールかけしたい。」

新人への洗礼!?マエケンがチアリーダーに!(笑)

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!